協力企業紹介:ガーミンジャパン株式会社

ガーミンジャパン株式会社

プロジェクト参画の背景

 Garminスマートウォッチとそのデータを活用し、出産後のママの体調管理とリカバリーをサポート

ランナーやアスリートに長く愛されてきたGarmin(ガーミン)スマートウォッチですが、現在では日常の健康管理に適したモデルも豊富に揃えています。ステップ数(歩数)、心拍数、ストレス値、睡眠といった定番の項目に合わせ、GarminオリジナルであるBody Battery(ボディーバッテリー)は、リラックスすることや睡眠によるリカバリー、そして仕事や家事、運動による疲労や体力の消耗が、わかりやすく数値化されます。また、すべてのウォッチに生理周期トラッキング、妊娠トラッキング機能も搭載され、2021年にはGarmin初の女性モデルを発売しました。ユーザー4000名以上を対象としたアンケートでは、92%が健康管理や生活習慣の改善にGarminスマートウォッチが役立ったと回答しました。身体的な部分だけではなく83%の人は、自己効力感が高まったと実感するなどメンタル面での活用メリットも明らかになりました。こういった背景から、Garminウォッチの特性、特にBody Batteryや睡眠といったデータを活かし、出産を終え、妊娠・出産前とは異なった環境での生活を送る方々の健康サポートやリカバリーに貢献していきたいという想いで、このプロジェクトに参画させていただくことを決定いたしました。
自分に「目指す目標を達成したり、立ちはだかる難題を克服できる力がある」と思える感覚のこと

今後の活動

日々の心身の健康を支えるツールのひとつ、Garminウォッチですが、日本では女性でのウェアラブルデバイス活用率はまだまだ低いと言われています。当社では、近年女性向け機能の追加や女性モデル発売などを通して、女性のスマートウォッチ活用を促す取り組みを行ってきました。今後もGarminとしての試みを継続・発展させるとともに、「産後リカバリープロジェクト」に関わる企業として、当社だけではなし得ないコラボレーションや協業での取り組みでも、そのシナジーから今以上に一人でも多くの女性の健康を応援、サポートできるよう、尽力していきます。


企業説明

Garmin(ガーミン)について

Garmin(ガーミン)は、1989年にアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。航空業界にて最先端のGPSナビゲーション製品をリリースしたのを皮切りに、製品ラインは拡大を続け、現在は航空機、船舶、自動車、アウトドア、フィットネスなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しています。ステップ数(歩数)や心拍数、睡眠等が計測できる腕時計型のウェアラブルウォッチの分野では、初心者向けからプロ向けまで、幅広い商品をラインナップしています。人生を楽しむあらゆる人にとって、よりよいエクスペリエンスを提供するため、日々取り組んでいます。

ガーミンジャパン株式会社 概要

社名: ガーミンジャパン株式会社
代表: 代表取締役 岩田 元樹
所在地: 〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6
電話: 046-267-9241
設立:  2000年4月25日
事業内容: GPS関連機器、ウェアラブルデバイスの開発・製造・販売
ホームページ:  https://www.garmin.co.jp/